中西結合獣医療

ここでは中国伝統医学と中西結合獣医療についてご説明いたします


ペットの長寿化と共に難治性、慢性的な病気が増えています

温灸|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院

ヒトの応用を超えた近年の獣医療の進歩には目覚ましいものがあります。また化学合成技術の進歩により、西洋薬品は安価に手に入る様になりました。それに加えてインターネット等の情報通信技術も飛躍的に進化し、私達は多くの情報にアクセス出来るようになりました。その様な状況下、ペットの飼い主さんによるペットの健康への関心と知識は、ひと昔前とは比べ物にならない程豊富になりました。

その結果、ペットに対する飼い主さんによるケアや獣医療の進歩により、ペットの寿命は飛躍的に長くなりました。処が、ペットの寿命が長くなった事により、やっかいな事態も招きました。

ペットにもヒトと同じ様な難治性の病気や厄介な慢性病が増えてきたのです。


中西結合獣医療という選択肢

西洋医学は身体の悪い処を突き詰めていって「ピンポイント」で処置をする事に長けています。それに比べて中国伝統医学は、「診て、聞いて、触って、嗅いで」五感をフルに用いて感じることにより「身体全体」の状態を把握する事により治療方針を決めて行きます(これを弁証と言います)。

つまり、中国伝統医学は西洋医学では対処しきれないアプローチで治療を行なうのです。

中国伝統医学は、日本には遣唐使の時代には中国から伝承され、長きに渡って日本独自の進化を続けて来ました。
ピンポイントの治療に長けた西洋医学と身体全体からアプローチをして身体全体を診て治療をする中国伝統医学。補い合うこれらの良い処を併せ持った治療法、それが中西結合獣医療です。

漢方生薬|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院


静岡動物漢方鍼灸センターの治療方針について

中西結合獣医療|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院

静岡動物漢方鍼灸センターでは必ず通常の西洋獣医学的診断アプローチ、すなわち血液検査などの各種検査を行ないます。検査の結果を基に順序立ててご説明し、飼い主様とご相談しながら必要に応じて、漢方生薬や鍼灸、温灸などの中国伝統医学療法による治療を行ないます。

当院では漢方生薬を使うにあたり教育機関で学び、更に、知識と経験、技術豊富な中医師の指導の元に処方、方剤を行なっています。

 

ロゴ|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院
  ロゴ|静岡動物漢方鍼灸センター
  ロゴ|しゅう動物病院