生薬から手作りする漢方方剤

静岡動物漢方鍼灸センターは中西結合獣医療的診断により、個々の症状や身体全体の状態に合わせたその子専用の漢方生薬全て手作りしてお渡します

桂皮|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院


同じ症状に見えても個体によって原因は様々です
-身体全体の状態からアプローチする中医学-

生薬から手作りする漢方方剤|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院

西洋医学は身体の悪い処を突き詰めていって「ピンポイント」で処置をする事に長けています。私たちは西洋薬により辛い症状を素早く安価な薬代で癒してもらう事が出来ます。
そうした西洋薬ですが、長寿化に伴って増加して来た「難治性の病気」や「厄介な慢性病」には、やや苦手な場合が少なくありません。

中医学では症状と共に個体の身体全体の状態を「診て、聞いて、触って、嗅いで」五感をフルに用いて感じることにより「身体全体」の状態を把握して治療方針を決めていきます。

中西結合獣医療では、西洋医学と同じ個体の症状へのアプローチに加えて「身体全体の状態」からのアプローチによる治療との併用により、「難治性の病気」や「厄介な慢性病」への効果をあげています。


静岡動物漢方鍼灸センターの処方について
-中西結合獣医療-

静岡動物漢方鍼灸センターでは必ず通常の西洋獣医学的診断アプローチ、すなわち血液検査などの各種検査を行ないます。
検査の結果を基に順序立ててご説明し、飼い主様とご相談しながら必要に応じて、漢方生薬や鍼灸、温灸などの中国伝統医学療法による治療を行ないます。

当院は漢方生薬を使うにあたり教育機関で学び、更に、知識と経験、技術豊富な中医師の指導の元に処方、方剤を行なっていますので、安心して服用して頂けます。

中西結合獣医療|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院


生薬から漢方方剤を手作りしてお渡しします
-うちの子専用の漢方生薬-

生薬から手作りする漢方方剤|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院

西洋医学的検査結果を基に、中医学的診断である「診て、聞いて、触って、嗅いで」五感をフルに用いて感じることにより「身体全体」の状態を把握して、治療方針と生薬の組み合わせをを決めて行きます。

症状が同じに見えても中医学的に診ると個体の状態は様々です。当院では個々の症状と身体の状態に最適な生薬の組み合わせを決めて、生薬から方剤(漢方薬)を手作りしてお出しします。それによりペットたちは、その子その子に最適な自分専用の漢方生薬を服用する事が出来るのです。

また必要な鍼灸や温灸を併せて施術する事により、漢方生薬との相乗効果が期待出来ます。

しゅう動物病院 ≫ ご予約はこちらから ≪

ロゴ|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院
  ロゴ|静岡動物漢方鍼灸センター
  ロゴ|しゅう動物病院