鍼灸・温灸治療のご紹介

静岡動物漢方鍼灸センターは西洋医学的アプローチ(血液検査等)の結果を基に順序立ててご説明し、飼い主様とご相談しながら必要に応じて、漢方生薬や鍼灸、温灸などの中国伝統医学療法による治療を行ないます

鍼灸|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院


同じ症状に見えても個体によって原因は様々です
-身体全体の状態からアプローチする中医学-

鍼灸|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院

西洋医学は身体の悪い処を突き詰めていって「ピンポイント」で処置をする事に長けています。私たちは西洋医学により辛い症状を素早く癒してもらう事が出来ます。
そうした西洋医学ですが、長寿化に伴って増加して来た「難治性の病気」や「厄介な慢性病」には、やや苦手な場合が少なくありません。

中医学では症状と共に個体の身体全体の状態を「診て、聞いて、触って、嗅いで」五感をフルに用いて感じることにより「身体全体」の状態を把握して治療方針を決めていきます。
中西結合獣医療では、西洋医学と同じ個体の症状へのアプローチに加えて「身体全体の状態」からのアプローチによる治療との併用により、「難治性の病気」や「厄介な慢性病」への効果をあげています。


静岡動物漢方鍼灸センターの治療方針について
-中西結合獣医療-

静岡動物漢方鍼灸センターでは必ず通常の西洋獣医学的診断アプローチ、すなわち血液検査などの各種検査を行ないます。
検査の結果を基に順序立ててご説明し、飼い主様とご相談しながら必要に応じて漢方生薬や鍼灸、温灸などの中国伝統医学に基づいた治療を用いた、中西結合医療を行ないます。

中西結合獣医療|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院


鍼灸治療について
-身体の滞りを流す、補う、虚する-

温灸|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院

漢方生薬と並ぶ、或いは併用する事によって治療効果が期待出来る中国伝統医学の柱が鍼灸と温灸です。

中医学の理論によると生命維持の為のエネルギーとして「気」「血」「津液」が身体を巡り、身体の陰陽バランスや虚実のバランスをとる事により健康を保っています。
この気、血、津液が多すぎたり足りなくなったり、またはそれらの流れが滞ったりする事によって身体のバランスが崩れると、身体に不調を覚えるという理論です。

鍼灸や温灸は、それらの滞った箇所(ツボ)を刺激する事により気、血、津液を補い、流れを促す事によって身体全体のバランスを整えて健康な状態を維持する(取り戻す)という治療法です。

世界も注目!中国伝統医学
-WHOでも361のツボと多くの漢方薬に効果が有ると認定しています-

「2006年10月31日~11月2日の3日間、9カ国2組織が参加してWHO/WPRO (西太平洋地域事務局) 主催による経穴部位国際標準化公式会議がつくば市の国際会議場で開催された。会議のアドバイザー (発言権のある参加者) は、9カ国 (日本、中国、韓国、モンゴル、シンガポール、ベトナム、オーストラリア、アメリカ合衆国、英国) と2組織 (WFAS=World Federation of Acupuncture Societies, AAOM=American Association of Oriental Medicine) から計20名であった。この会議で、過去3年間日中韓で検討してきた経穴部位案が正式に決定された」
*出典:WHO経穴部位国際標準化の経緯と今後(論文)|CiNii(NII学術情報ナビゲータ[サイニィ])より

WHOが認定したツボは「WHO Standard Acupuncture Point Locations」として出版されています。

「「中国伝統医学は、世界中で広く用いられている医療の 1 つです。 WHOは中国伝統医学の訓練と実践のための基準となる文書を開発しており、これらの文書や他の中国伝統医学技術資料の開発と使用のための標準用語の開発が急務となっています。
この文書は、中国伝統医学の専門家、政策立案者、医療従事者および一般市民が、コミュニケーション、医療サービスおよび医療記録、ならびに関連する技術および訓練において、同じ概念、理解および定義を使用するために不可欠なものとなります」」
*出典:交易社団法人日本WHO協会(2022年03月08日)

現在も漢方薬や鍼灸の研究は続けられており、また日本の大学の獣医学研究室でも「鍼灸が何故効果があるのかを生理学的に研究」されたりしています。

しゅう動物病院 ≫ ご予約はこちらから ≪

ロゴ|静岡動物漢方鍼灸センター|しゅう動物病院
  ロゴ|静岡動物漢方鍼灸センター
  ロゴ|しゅう動物病院